iPadで履歴とWebサイトデータを消去ができない場合

iPadで履歴とWebサイトデータを消去ができない場合のメモ

Safariでは、閲覧したウェブサイトの履歴を残しておくことができる。
閲覧履歴を履歴とWebサイトデータを消去での消去ができない場合の解決方法。

前提

・実機:iPad (iOS 12.3.1)
・iPadには、ペアレンタルコントロール(親による制限)を設定。
iPadには、親(管理者) のAppleIDとは別に子ども用Apple IDを用意。
iPadは、子ども用Apple IDで動作する状態。

状況

iPad上のSafariで、閲覧履歴がある。
iPad上のSafariで、履歴とWebサイトデータを消去の文字がグレーアウトしたまま。
グレーアウトした部分に触れても反応しない。
(履歴が消去できる場合は、青字で表示されているはず。)

解決方法・手順

  1. 親(管理者)の”iPhone”から、iPad子ども用Apple IDに対して、
    設定>スクリーンタイム>スクリーンタイムをオフ を選択。iPhoneの設定画面。設定>スクリーンタイム
    スクリーンタイムオフを選択
  2. iPadの、
    設定>Safari>履歴とWebサイトデータを消去


iPadの”設定”の画面 履歴とWebサイトデータを消去が選択可能なので、タップ。

まとめ

今回は、少々特殊なケースと思われる。
通常、履歴とWebサイトデータを消去で、Safariでのウェブサイト閲覧履歴は消去されるので、グレーアウトしててどうにもならない場合、スクリーンタイムをオフを疑ってみるのも一つかと。

ポイントは、スクリーンタイムをオフにするのは、親(管理者)のiPhone でって部分。Mac(Mojave 10.14.3)では、ファミリー共有のスクリーンタイム設定が見つけられず。

 

 

#iPad,#履歴,#Webサイトデータ,#消去,#できない,#iOS12,#子ども,#ペアレンタルコントロール