YouTube のアップロードにかかる時間【iPhone】

YouTube のアップロードにかかる時間【iPhone】

 

YouTube配信もiPhone 一つで完結する昨今。配信もより増えているのかなと。
無編集のYouTubeライブ、多少なり編集してからのスタイルと2つに分かれるかと。

編集完了後にアップロードする場合の待ち時間。急ぐ時の時ほど辛い。
当方のネットワーク環境だと録画時間10秒で、編集完了後にアップロード&配信開始までに約25秒程度。
映像実時間に対し、配信状態まで約2.5倍。つまり、録画する時間も考えると、約3.5倍は時間を見た方が良さそう。

と、この25秒。
撮りの時間10秒程度では、1080Pから720Pへ画質を落としても、あまり変化がなかった。
一方で、5分など撮ってみると多少なり差はある。
想像の範囲を超えないものの、概ね
・iPhone側での撮り素材のデータが減る。
・回線を使ってYouTubeへ送るデータ量が減る。
・サーバー側で、再エンコード処理するデータ量も減る。

これらのうちのどれか(本来は全部)は、関わってくるはずで。
もし、ライブ配信垂れ流しは怖いけど、可能な限り撮って出し配信したい場合は、画質を若干落として即時性を求めるのも一つかと。

手順

 

YouTube アップロード画質変更
YouTube アップロード画質変更1
YouTube アップロード画質変更
YouTube アップロード画質変更2
YouTube アップロード画質変更3
YouTube アップロード画質変更3
YouTube アップロード画質変更4
YouTube アップロード画質変更4
YouTube アップロード画質変更5
YouTube アップロード画質変更5

 

720Pを選んでいるのは、16:9の比率に関しては、残しているから。
むかしのテレビのように4:3でもよければ、480P を選ぶのもアリだけど。
YouTube側の表示がもはや16:9なので、黒が入った気がする。